わたしたちは、馴染みのある文化や価値観に、心地よくしばられている

(恋愛感情抜きで、)こんな人の、こんなところが好きだ! と感じる時。

(自分自身の)こんなところが好きだ! と言っているのと同じように見える。

もりもりと意欲的に生活する力がある人が好きだと言う時、そんな生活力がすでにあるか、目指している自分が好きなのだろう。

伝統や文化を大切にしている人が好きだと言う時、きっと自分も同じものを大切に思っている。

他人への感情や判断は、結局は自分の中の「わたしの何か」を映し出したものに過ぎない。

逆に、好きじゃない人や抵抗が起こる人に対しては、「わたしの何か」の否定が投影されている。

そんな人を非難することで、「わたし」という存在範囲を守ろうとしているのだ。

「わたし」の要素は認めて、それ以外は排除。

好きな感情にしても、嫌いな感情にしても、「わたし」を正当性を主張していることになる。

:::::

わたしたちは、馴染みのある文化や価値観に、心地よく縛られている。

知っている感覚と分かっているシステムで囲みこむと、「わたし」は守られる。

自分が認めている部分だけで作られた「わたし」は、その小さな世界に行きようとする。

多人種国家として物理的に共存はしているけど、異文化を認め、受け入れる寛容さが無い国や地域はたくさんある。それぞれのコミュニティー文化の中で培われた価値観を守ろうとすればするほど、その価値観に縛られて、異文化の排除につながる。

価値観や文化は、「わたし」ではないけど、「わたし」を続けるためには固執する必要があるという幻を作り出す。

::::::

今、人種、人権問題で揺れ動いている。

一人一人の心の中に、それぞれの「わたし」がいて、それぞれが小さな「わたし」を守ろうと必死になっている。誰でも、価値観をひっくり返すことには恐怖を感じるし、伴う痛みを避けたいと思っている。

と同時に、殻をやぶるチャンスでもある。個人が、それまでの心地よく縛られた状態から自由になる時。

今まで、自分のどこを認め、拒否して生きてきたのか、振り返る。

どんな人間関係を作り、求めてきたのか? 周りを見渡してみると、答えが見えてくる。好きな人。拒否してきた人の傾向。

そこから自由になると、条件に合わなくても、イケてなくても、変わっていても、それでいいよと自分自身を認められるというご褒美がついてくる。

価値観や文化の違いを超えたところにある、人と人のつながりを目指すことは、小さな「わたし」の殻をやぶること。

世界、周りで起こっていることは、自分自身を映し出しているって言われるのは、自己責任をとがめるためじゃない。

わたしはどんな人間なのか。どんな人生を行きているのか。そんなことを知るため。

それからやっと、向かいたい方向にかじをとれるんじゃないか。グーグルマップの現在点にリセットする感じで。

by
関連記事

Leave a Reply

%d bloggers like this: