環境と健康への意識が広がるThe Conscious Festival行ってきました

The green is the new Black
という、環境や健康への意識を広げる
啓蒙活動グループが主催する
The Conscious Festivalが
11月2日から4日まで
シンガポールのパークロイヤルホテルで
行われました。


環境と健康への意識が広がる
The Conscious Festival 
行ってきました。


 

最終日の日曜日の朝、
オープンと共に入場。
有料トークショーには参加しないで、
ショップが並ぶ
マーケットプレイスを目指します。

ローカルデザイナーの
アクセサリー、
持続可能な素材と過程で作られた
雑貨やスキンケアプロダクトが並びます。

エコやサステイナブル、
リサイクルへの意識改革が
あまり感じられないシンガポールですが、
意識があるところにはあるし、
実践している人はいるんだと、安心。

無料でサーブされているコーヒーも水も
もちろんマグカップでサーブされていて、
心地よい雰囲気。

 

カシューナッツで作られたチーズ。
チェダー味s$15を購入。
酸味の効いたこってり感が気に入りました。

あとは、
ユーカリのアロマオイルと
チョコレートも買いました。

 

こちらは、まだ店舗には出回っていない
ビーガン卵。

オムレツを試食をしたら、とても美味しかった!
早く店舗で展開されるの期待です。

 

Zero Waste(ゴミを出さない)ライフスタイル
のお店もいくつか出ていました。
最近では、プラスチックストローの
問題が大きく取り上げられていることもあって、
ステンレスや木のストローを扱っているし、
シリコンのマグ、
ビーワックスラップなどなど、
環境を意識したグッズがたくさん。

 

変わったところでは、
マインドフルネスがグラフで表示される
ヘッドバンドとアプリがありました。
マインドフルネスはすでに
視覚化されるものなんだ。びっくり。

 

ベジタリアン促進グループと話をしたり、
自転車を漕いで
バイタミックスを回して
作ったスムージーを飲んだり、
楽しみながら、
環境と健康への意識を広めること、
実践することの重要さを再確認です。

 

 

関連記事