自分の本気は待たない

影に振り回されない

この前見たアニメの登場人物が言ってた。

「自分の本気待ってたら、何も始まらないですから」

そうだよ、そうなんだよ!良く言ってくれた!と心の中で拍手。

やる気を出したい、出す方法、ワクワクしながら、、、などなど、仕事や活動に取り組むための心構えは全面的に肯定される雰囲気があるけど、それはともすれば、やる気がないと取り組んではいけないような感覚にも陥ってしまいがち。

本当にそうなんだろうか。行動の前にやる気が起きないとダメ? 本気モードが正解のしるしなの?

振り返ってみると、日常には2種類の気が進まないがあることに気が付く。ひとつは、事務的な雑用や家事、仕事や義務。生活を回していく為の行動ですね。もう一つは、日常に意味を持たせる活動。これは、趣味や交友関係、レジャーやライフワークなんか。運動もここに入るかな。

そして、実はもう一つ、壮絶的に気が進まないし、本気なんてほぼ訪れない活動がある。それどころか、抵抗感とか拒絶感とかまで出てくるかも知れない。

それは、自分のたましいを解放する活動。

息抜きとか気分転換じゃないよ。

だからね、気が進まない、やる気が出ない「あれ」や「それ」は、実はどこかの鉱脈につながるラビットホール知らせるサインなのかも知れないってこと。

朝起きて、さぁ、ヨガするぞ!なんて気分が乗ってる日なんて、まずない。生理前で体おも〜。気分もどんより〜。よく寝られなかった〜などなど引きずりながら、マットの上にやっと辿り着くと言うのが現状。

今日も盛り上がらない気分を抱えながら、キラキラした幻想の向こう側へ。

by
関連記事

Leave a Reply

%d bloggers like this: