これまでのゲームを放棄する

ヨガの帰り道、バスを待ってたら、降り始めた雨が強くなってきた。バス停で雨宿りしながら、道路に叩きつける雨粒をぼーっと眺める。

雨の景色が好きだ。

物心着いた頃からある感覚。

雨の降り始めの音。暗い空から落ちてくる雨粒。なんとなく静かな空気。

でも、最近気がついたのは、好きなのは雨じゃなかったってこと。

雨が降ると、行動が制限される。外に出られない。屋外活動が中止になる。雨が理由になってできないことが出てくる。できることも雨だとなんとなく自粛される雰囲気がある。雨が作り出す「元気に活動しなくてもいい雰囲気」が好きなんだ。

その逆で、空が高く晴れ渡った日には気分が沈む。長年不可解だったけど、雨の日のワクワク感の謎が解けたら、晴れの日の重い気分も説明がついた。

:::::

コロナ禍での移動で、隔離を経験した。ホテルの部屋で、誰にも合わずに2週間。オンラインでセッションとヨガ以外は、何もすることがない時間。それは、言い方を変えれば、何もしなくてもいいよという許可でもある。家での日常と旅行中は、どんなに時間があったとしても、やることはある。やらなくちゃならないという心は出てくる。それが、隔離中は免状を手にしたかのように、「やらなくてもいい」許可があった。それは、雨の日の比じゃなかった。

そんなことを感じたのは私だけかと思っていたら、そうじゃなかった。隔離を体験した人の話を聞いたら、同じように、「しなくちゃならない」の解放区を満喫した人が結構いる。

何時に寝起きしてもいい。食事も支給されるから、作らなくてもいい。(少しくらい美味しくなくても、作らなくてもいいから、文句無し)子供がゲーム漬けでも平気。

食事を作らないことが、子供がゲーム漬けなのが、良いと言っているわけではない。そうゆう状態に対して、頭の中で批判的な声が聞こえたり、精神的な負担を感じないことが楽なのだ。

私は、普段は連続ドラマも小説も、止まらなくなるから手を出さない。日常は、細切れ雑務の連続なので、長時間どっぷり浸ることが難しいけど、隔離中は、時間を遮るものが何もない。Netflixで、シーズン4(52エピソード)あるドラマ、「GoodPlace」を3日間満喫した。

:::::

2週間の完全な解放区を体験してみて、普段は環境と心境からの「やらなくちゃならない」プレッシャーに多くさらされてることを痛感した。

私たちの日常は、やっても批判。やらなくても罪悪感。という勝ち目のないゲームをしていることが多い。

だとしたら。

自由になるには、ゲームそのものを放棄するしかない。

:::::

ワクチン接種が進んで、少しづつ活動再開の空気が漂い始めた。と同時に、以前のハイスピードで過剰な生活に戻ることへの緊張感を感じる。一年以上の「自粛と隔離」を経て、それまで無意識に参加していたゲームがなんとなく見えてきた。

そのゲームとは。ハイスピード。過剰。物質主義。分断。特権。

知らないうちに取り込まれていた価値観。いや、この価値観はベビーブーマーである私が生まれた時にはすでにあった。加速する価値観に置いてきぼりを取らないように、少しづつ足を早めながら、最終的に全速力で走り続けていた。絶対にたどり着くことの出来ない「ゴール」を目指して。そのことが身に沁みたきっかけがコロナ禍なのだと思う。

:::::

毎日の生活が解放区になればいい。

自身とのつながりを強めればいい。

循環とは。共存とは。

社会と文化、他人が作り上げたゲームを勝ち進んでも、本当の充実感は得られない。自ら作り出したゲームは成長につながり、充実感が得られる。これが、自分の道を歩くということではないか。

関連記事

Leave a Reply

%d bloggers like this: