楽しい習慣作り

瞑想もヨガも他の習慣でも、続けることが普通になるまで、諦めてしまうことはある。諦めないで続けるために、意志の力に頼ることも出来るけど、意志が続くことが少ないので、意志だけに頼ると習慣になる前に消滅してしまう。

振り返ってみて、長く続いて習慣になっている行動は、効果とは別に、過程が楽しいと感じていることに気がつく。この、楽しいが結構重要なんじゃないかと思う。楽しいから、その行動そのものを求めるようになる。効果だけを求めて、過程が苦しいだけだと、終わるまで我慢しなくちゃならないから、気の乗り方が違ってくる。

だから、何かを習慣にしたい時、身に付けたい新しい行動がある時、どれだけ早い時期に楽しい経験をするかが重要なんじゃないか? 次にやる時を楽しみに待てるほどになったら、習慣にするのはきっと簡単なはず。

もう少し考えてみると、習慣を作りたい時は、楽しくなるような設定があるといいってことになる。意志の力で走り抜けようとするんじゃなくて、行動が自然に促される状態を作ってしまえばいいんじゃないか。

瞑想は習慣になっている。ヨガは、ここ半年から一年くらいスランプでなかなかプラクティスしていなかったけど、ウブドに行ってからようやく復活してきている。どちらも、プラクティスそのものが楽しい。(と思うことが多い。)ブログはどうなのか? 前出の2つに比べると、書くことは苦行に思えることが多い。どこかで楽しいプラクティスに昇華される時がくるのか? 明日のブログを書くのが楽しみで待ちきれない時はくるのか? 書く行為が楽しいと思えるようになるのかもわからずに、まだまだ迷走状態。

by
関連記事
%d bloggers like this: