いつ瞑想する?

理想の瞑想場所に続いて、いつ瞑想する? と考えてみる。

リーディングとクラスの時間を除いて、個人的に瞑想する時間は決まってない。朝起きてすぐすることが多いかな? あとは日常のスキマに座って目をつぶる。

家事の合間。 ご飯が炊けるまで。洗濯機や食洗機が終わるまで。犬の散歩に行くまで。最初から時間が決まっていて、終わりもはっきりしてるから、時間を切り取りやすい。

瞑想を日常に取り込むために、時間を決めるというか、きっかけと抱き合わせにすると、どんな習慣でもそうだけど、続きやすいのだと思う。朝起きたら、目をつぶる。デリバリーを待つ間の20分間は、一人になる。夕方、炊飯器をセットしたら椅子に座る、とか。

逆に言うと、待っていても瞑想する時間は向こうからやってこない。作り出されなきゃならない。

瞑想が楽しく感じられる時間帯を見つけるっていうのも、大切かもしれない。深夜になって目をつぶれば、どうしても寝てしまう。家族が活動する時間は気が散る。お腹が空きすぎたり、運動の直後でも、体が落ち着かない。無理なく目をつぶり続けられる時間はいつなのか。

私は、頭がすっきりしている午前中と、昼寝の後の寝起きに目をつぶることも多い。体が活動し始める前は、夢の意識もまだすぐそこにあって、意識のチャンネルを合わせるのに無理が少ない。

ライフスタイルはみんなそれぞれだから、出勤したり、子育て中、介護中だと、また違ったアプローチになるはず。少しだけ早く起きたり、家族と時間をずらす必要があったり、お昼休みを使ったりするかもしれない。

:::::

そうするとね、どうしてそこまで瞑想をしたいのか? しなくちゃならないのかって、自分に聞かなくちゃならなくなってくるはず。

時間を作り出してまでしたい瞑想の価値って?と。

価値が大きかったら、優先順位を上げて、生活の真ん中にどんと置いたらいいと思うの。価値があるって言いながら、生活の角に押しやられてるなら、理論と現状のギャップがあるってこと。心のどこかで、他の何かの方が大切だと信じていたり。忙しく振り回される生活に安心感を覚えていたり。

生活に瞑想を取り入れること = 価値観の見直し

::::::

今週から東京に滞在してる。寒くて、明日は都心でも雪になるみたい。気候、天気、季節は瞑想に影響あるのかな。寒い冬の方が、意識が内側に向きやすいから瞑想に向いているのかもと思ったりするけど、どうだろう。世界の瞑想の聖地が寒い場所に集中してるとか、冬の方が人が集まるとか聞かないけどね。

関連記事

Leave a Reply

%d bloggers like this: