WordPressで5ヶ月過ぎる

書くことがやっと習慣になってきたのかもしれないと、思い始める。体験を自分なりにフレーミングして表現するクリエイティブなこの場が馴染みはじめている感じがする。昨日も書いたように、創造と破壊は同じコインの裏表で、創造することによって、破壊も同時に起きている。

書くという表現の裏で、ものすごい量の破壊が起きている。何を書くのか、どうして書くのか。自分なりの理由にたどり着くまでに、それまでの思い込みや価値観を捨てていく。どこまで書いて良いのか、どの表現を使うのか、葛藤や否定をくぐり抜けて、自分なりの言葉にたどり着く作業。スピリチュアルプラクティスに通じるところがある。毎日の創造過程が楽しくもあり、チャレンジでもある。

ベイエリアで受けたリーディングの中で、言いたいことをもっと言えるようになってきている件が出た。ブログで、書く練習しているからしたい表現ができるようになってきているはず。

下手や正解を超えたところの、味や正直さにフォーカスすることは、突き詰めると、自分は誰なんだ?というところにつながる。 下手や正解さは時と場所、相手が変われば変わってしまう批判に過ぎないけど、自分の味と正直さは、条件に左右されない。そこに向かい続けながら本来の自分を知る体験が、大げさなようだけれど、私にとっての書く行為なのかもしれない。言いたいことを言えるのは、大きな自由。

関連記事
%d bloggers like this: