東京のスピリチュアル&精神世界のおすすめ本屋

東京のスピリチュアルと精神世界を専門とする書店、または専門書の取り扱いが多い書店をまわってきました。

原書房@神保町 

原書房HP 

神保町の古本屋街に昭和7年に開業された老舗書店。1階は、易や占いの運命学の専門書コーナーです。何の専門書なのかもわからないマニアックな本のタイトルに圧倒されます。私が認識できるのは、タロットと占星術くらいなもの。きっとこの本屋さんに足を運ぶ運命学の専門家さんたちがいらっしゃるのでしょう。

書泉グランデ@神保町

こちらも、神保町の老舗書店。4階の半分以上を占める精神世界とスピリチュアル本コーナーには、宗教やオカルトから心霊や占いまで、幅広い取り揃えがあります。いわゆる新刊や売れ筋本だけを取り扱う大手書店とは違う、マニアックな取り揃えなので、もう一歩深く足を踏み入れてみたい時、同じ分野だけど新鮮さを求めている時には、新しい出会いが期待できる場所だと思います。

ブッククラブ回@南青山

ブッククラブ回は、赤い三角が目印のビルのB1にある、スピリチュアル書専門店。上記の2書店が、運命学、オカルト、心霊、という言葉が似合う精神世界本が多く並んでいるとしたら、こちらはスピリチュアル、ヒーリング、意識という言葉が似合う専門店です。神保町と青山という場所的な違いもあると思います。オラクルカードやヒーリング雑貨もセンス良く並んでいて、ついつい長居してしまう、楽しいお店。マクロビオティックなど食生活&ライフスタイルから、入手困難なマニアック本まで幅広いジャンルでのヒーリング関係の本があります。新しい発見に出会えるように多くのジャンルが並んでいるし、気軽に手に取りやすい本も多いので、これからスピリチュアルを知りたいと思っている方にも、ヒーリングに詳しい方にもおすすめです。

入り口のサイン

ジュンク堂@池袋

スピリチュアルコーナーはそんなに広くありませんが、大手書店には並んでない少し専門的な本も置いてあります。心理学や自己啓発系の本も充実。ビル一棟丸ごと書店、図書館のような大きな本棚のあいだで本をゆっくり眺めて、気になる本に出会える、本屋が好きな人にはたまらない空間です。

書店で本を選ぶ感覚は、ネットでクリックするのとは違います。実際に手に取れる。「これもあなたにおすすめ」など、アルゴリズムで計算された推薦なしで、自由に目と心を泳がすことができる。そして何より、わざわざ書店に足を運んで、その時気になった本に出会うという個人的な体験が得られます。これは、本を読む以前のお楽しみです。旅行の準備段階のお楽しみと似ているかもしれません。

by
関連記事
%d bloggers like this: